遠軽高校の通学に特急列車を利用には驚いた!



 昨夜、遠軽高校ラグビー部のブログを読んで驚いた。美幌町から入学した3人の部員が、特急列車を利用して通学していると書かれていたからだ。我が輩は、てっきり遠軽町で寄宿生活していると思っていた。
 さっそく調べたところ、美幌駅を6時49分発の特急「オホーツク」に乗車、遠軽駅には8時07分に到着。帰りは、遠軽駅を18時45分発で、美幌駅は20時10分に到着する。
 思い返すと、我が輩も白滝駅6時50分発の蒸気機関車に乗車、遠軽駅には8時10分に到着した。だから、通学時間はほぼ同じである。違うのは、定期券の料金である。
 ネットで調べると、2万3680円であった。高いかどうかはわからないが、遠軽町の寄宿代は三食付きで6万円前後と聞いていたので、それを考えると高い通学料金かも知れない。
 いずれにしても、遠軽高校ラグビー部が4回連続で花園出場を果たしている以上、ラグビーが盛んな美幌町や北見市からの入学希望者が、今後ますます増えることが考えられる。町行政も考える余地があると思う。
 更に、紋別地方にもラグビーを普及させたい。また、最近は、湧別や紋別の中学校吹奏楽のレベルが、非常に高くなっている。多分、熱心な教師が在籍していると想像するが、出来れば遠軽高校に入学させたい。
 そして、将来的には、一学年8クラスを実現して、勉学や部活でオホーツク地方に「遠軽高校あり」を全国に鳴り響かせたい。夢は持ち続けるべきだ!