死亡記事



 今日の新聞を見ると、評論家・松本健一の死亡記事(68歳)。最近もテレビに出演していたので、びっくりした。読売新聞によると、穏健な保守の論客で、仙谷由人元官房長官と大学時代の友人との事。もったいない人の早過ぎる死亡だ。
 次いで、歌手・中島啓江の死亡記事。年齢は57歳になっているが、昨夜ネットで調べると、生年月日が6年違った。正確な年齢は63歳か?
 今、渋谷の映画館で「三里塚に生きる」が公開中だ。見に行こうと考えていたが、その映画の監督・大津幸四郎が亡くなった(80歳)。
 人間トシをとると、自然に死亡記事に注目する。ある先輩などは、新聞の最初に死亡記事を見ると言っていた。我が輩も、笑い事ではなくなってきた。(笑)