「中国人民解放軍がサイバー攻撃」
Mandiantレポートの読み方
株式会社ラック サイバーセキュリティ研究所所長 伊東寛


 今年2月、アメリカのセキュリティ企業、Mandiant社が、米国へのサイバー攻撃に中国人民解放軍の部隊が関与していると結論づけたレポートを発表した。メディアにも取り上げられて反響を呼んだが、レポートの技術的な評価は国内ではほとんど見られない。そこでサイバーセキュリティ研究所の伊東寛所長にMandiantレポートを読み解いてもらった。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.