特集記事

サイバー戦争は始まっている

サイバー攻撃の実態を可視化したNorse Corporation

サイバー攻撃の実態を可視化したNorse Corporationのサイト

スタックスネットの存在が明らかになった2010年以降、サイバーセキュリティの世界は大きく変化した。サイバー空間上で国家間の熾烈な攻撃が繰り広げられる―“物語”だったテーマが現実として語られ始め、サイバーセキュリティは国家安全保障として認識されるようになった。しかし、その実態は未だ謎に包まれている。サイバー戦争とは何か?そして、その実態は?
この企画の記事一覧

追跡 サイバー犯罪の闇

FBIが指名手配しているロシア人の男。不正プログラムを利用して大規模な金融詐欺を行っていたとみられる

FBIが指名手配しているロシア人の男。不正プログラムを利用して大規模な金融詐欺を行っていたとみられる

サイバー空間の闇にまぎれて様々な犯罪行為が行われている。しかも、その犯罪は世界的な規模でネットワーク化され、知らずに自身のコンピューターが犯罪に加担している恐れすらある。捜査機関はサイバー犯罪の解明に躍起になっているが、犯罪者たちはネットで連携して姿、形を変えて新たな犯罪を行っており、いたちごっこが続いている。サイバーの闇にまぎれる犯罪者たちの実態を追う。
この企画の記事一覧

コンピュータ社会

あらゆる分野でコンピュータの導入が進んでいる

あらゆる分野でコンピュータの導入が進んでいる

あらゆる産業、日常生活のさまざまなシーンで導入が進んでいるコンピュータ。現代社会においてコンピュータはもはや社会のインフラとして欠くことができない存在だ。これほどまでに身近な存在となったコンピュータ、一方で我々の暮らしや社会、思想、そうした諸々のことがコンピュータによってどのように変化しているのだろうか。コンピュータ社会の今と未来を見据える。
この企画の記事一覧

AKBの正体

ネットにはCD大量買いとされる写真が数多く流出している

ネットにはCD大量買いの写真が数多く流出している

東京五輪組織委員会の理事を務める秋元康氏がプロデュースするAKB。「国民的アイドル」を標榜し、強力なメディア戦略でメジャー化を図ってきた。しかし、その核にあるのは握手券商法であり、既存の芸能パフォーマンスとは大きく異なる。しかも、誕生の経緯や運営実態、海外展開の実態などについては多くが不透明な印象を受ける。AKBとは一体なんであるのか?その”正体”について考える。
この企画の記事一覧

ミュージックゲート訴訟

審理が行われた東京地方裁判所

審理が行われた東京地方裁判所

国内の主要レコード会社が約2億3000万円の損害賠償を求めて、株式会社ミュージックゲート社を訴えた民事訴訟は賠償金0円で終幕した。YouTubeをはじめとしたアメリカ発のネット企業によるサービスが世界を覆う中、国内の特定IT企業のみに多額の賠償金を求めたこの訴訟の本質はなんであったのだろうか?
この企画の記事一覧

チベットの祈り

東日本大震災の犠牲者供養のため訪日したダライ・ラマ14世

東日本大震災の犠牲者供養で訪日したダライ・ラマ14世

東アジアの歴史や文化においてチベットは極めて大きな存在だ。しかし、近代以降の歴史の中でチベットがどのような変遷をたどり、中国共産党との関わりの中でもがき苦しみ続けてきたのか、日本において十分な認識が醸成されてるとは考えにくい。チベットを取り巻く現実は、中国の現実でもある。ややもすれば歴史ロマンとして語られがちな中央アジア。しかし、その現実に目を向けて行きたい。
この企画の記事一覧

医療最前線

血管内の硬化病変を粉砕するロータブレーターのイメージ図

血管内の硬化病変を粉砕するロータブレーターのイメージ

日々、進化している医療。先端機器や技術の登場で医療の現場や治療方法はどのように変わりつつあるのだろうか?
この企画の記事一覧